[ Tags :: sendmail ]

PHP等からsendmailでメール送信すると拒否られる件について

まとめ。
…の、つもり。きっとまとまらない。

PHPからsendmail経由でメールを送信する。
ごく普通の話。
で、拒否られた。送信できない~♪

サーバ曰く、
メール送信元が存在しないぞゴルァ

で、Reply-toヘッダも存在確認されてるみてぇだ。と判明。
mail関数の第4引数の追加ヘッダに追加。

わー胃、遅れた。

と思ったら、別の環境では、送れない(;_;)

サーバから送り返される文句メールを読む。
件名「Returned mail: see transcript for details」
subject "返されたメール: 詳細のための転写を見てください。"

読む。
MAIL From:<apache@(ホスト名).(ドメイン)> SIZE=1312

Fromヘッダは当然設定したぞーっ。なんでこんなデフォルト値っぽいのが入ってんだぁ(涙

ここで、オイラの中の神降臨。「エンベロープ」というワードが浮かぶ。
早速グーグル先生に相談だ。

PHPでメールを送信する時にReturn-Pathヘッダーを設定する方法(envelope-fromを設定する方法) - 菊池高志 - builder by ZDNet JapanLink

1. mail()を使う場合

五番目の引数にsendmailのオプション"-f"を渡す。

mail($to, $subject, $body, $additionalheaders, "-f" . $returnpath);

5番目~???
マニュアル読んだけど、そんなものあったけ?
確認する。
あるやん。
オイラ、ちゃんと読めよ。

というわけで、第5引数にfオプションを付けたところ、どうやらうまくいったみたい。
送信先のヒトが帰ったので、今日は確認できないが、
成功ログが残ってたから、成功してるはず。
失敗してたら…この記事はどうすればいいんだ?
いや、オイラの人生どうなるんだ?
もうこれ以上この件に関わりたくないよー(涙涙涙

改めて、サーバ管理者としてのスキルは無いことを痛感。
プログラマにサーバ管理者なんてやらせるものじゃないよー。

解決できてしまったオイラは、スーパープログラマーだ。
いや、スーパーハカーだ。神をも超越した存在だ…orz...

しかし、エンベロープの存在確認すらしないのがメールサーバーの主流だったんだから、
迷惑メールも流れ放題にもなるわな。。
そしてセキュリティがきつくなり、プログラマたちは苦労させられる。
悪人は全て死滅すればいいのに。
そうすればオイラも滅するわけだから、何もしなくて良くなるわけだ。
こりゃ楽だ~。hahahahaha!!!
お星様にお願いしてみようっと。

PHP mail sendmail

— posted by たか at 12:22 am   pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0717 sec.
prev
2017.11
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 
blogBar
Firefox3 Meter